開館20周年記念講座「続・宇佐おもしろ歴史文化講座」第6回受講生募集!

全7回シリーズの「続・宇佐おもしろ歴史文化講座」、第5・6・7回の開催は
ゲスト講師を招いての講座となります。

(第6回講座)
■テーマ   「求菩提から妙楽寺へ~頼厳上人の生涯~」
≪講演概要≫ 日本を代表する山岳修験の山、求菩提山。その中興の祖と呼ばれる頼厳(らいげん)上人は旧宇佐郡辛嶋村出身の天台僧。市内の妙楽寺には今も頼厳の供養碑があり、その生涯を豊前修験道をキーワードとして考えてみたい。
■ゲスト講師 栗焼 憲児氏(求菩提資料館館長)
■日 時   令和2年1月18日(土)13:30~15:00
■場 所   宇佐市民図書館 視聴覚ホール

事前申込み不要です。当日会場へお越しください
多くの方のご参加をお待ちしております!

(頼厳とは)
頼厳は宇佐郡出身の天台宗の僧で、12世紀中頃(平安末期)に求菩提山の山岳信仰をベースにした修験道を再興した人物です。壮年の頃比叡山で修行し、晩年故郷に戻ってきた彼は、求菩提山護国寺を再興、この地に修験道をもたらしました。堂社の修復や多宝塔の造立などを行い、自らも一千日の大行に挑んだといいます。また、弟子たちとともに銅板法華経を勧進したりもしました。

写真「頼厳の像」国玉神社寄託・求菩提資料館蔵
http://kubote-historical-museum.com/rekisi.html